neiro@akita

記事一覧(43)

嫉妬という感情について〜

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分を見つめる音声診断ねいろ です。突然ですが、誰かの才能に嫉妬したことってありますか?わたしはありました。(過去形)といっても、わたしの場合は嫉妬というようなそこまで強い感情ではなく、人をうらやましく思う気持ちというか。〇〇さんは〇〇ができていいなあ〜みたいな。そんなことがしょっちゅうで。そんな時って必ずその相手と自分を比べてしまっているんですよね〜わたしは〇〇さんみたいに上手くやれない、なんでできないんだろう、もうちょっと〇〇ならいいのに〜みたいな。そしてその後に、上手くできない自分はダメだと落ち込む⤵️⤵️ のパターン。結局、自分に自信が無かったんですね。そして、ただ羨ましがるだけで、嫉妬するほどの熱いパワーも持ち合わせていなかったのかも。でも、今は「自分は自分」「その人はその人」という落ち着いたスタンス。だって違う人ですもん。わたしはその人にはなれないし。こう言っているといかにも悟っているかのように見えるかもしれないけれど、正直何かに対して気もちが騒つくことがまるっきり無いわけではありません。そして、100%自分に自信があるんですか?と聞かれると、そうです!と即答できないこともあります。ただ言えるのはすべてに自信満々ではないけれど、今現在、自分の得意分野に関しては自信をもってお伝えしているということ。そして、自分の凸凹の部分がわかっていてそれををあきらめているので(=あきらかに、認めている)、人と比べても仕方がないし、自分は自分だと思えているのです。そういった意味では自分に自信がある=自分を信じている といえるのかな(*^^*)だから、うらやましいな〜も昔のネガティヴな感情からきているのではなく、自分が不得意なことを得意としている人への純粋なあこがれ✨に変わっているのです。…こんなことを聞いたことがあります。誰かに嫉妬の感情を持ったとき、人の才能をうらやむときって、自分にもその才能の種があるってことなんだそうです!自分と全く別分野のかけ離れた対象なら、嫉妬ややきもちなどザワザワした感情を抱くことは無いと。例えばの話。わたしは子どもの頃からとっても不器用でして…お裁縫や手芸、お料理など教科で言えば「家庭科」の分野が大の苦手。(その昔、子どもが保育園に入る時の手作りで用意するもの一式の準備はキツかった…当時は市販品なんて無かったし、途方にくれて泣きが入り、お裁縫が得意な妹に頼んで作ってもらったっけ^^;)だから、ブログでハンドメイド作品だったり美味しそうなお料理をアップしている人の記事を見たときに嫉妬の感情は1ミリもわかなくて、ただただすごいなあ、こんなの作れたら楽しいだろうなあ✨と尊敬の念を抱いているわけです。だって、自分ができないことをいとも簡単にできてるってすごくないですか!?けれども、同じことが得意な人にとっては、そのブログを見ることがもやもやの原因になるってこともあるかもしれません。でもね。見方を変えるとそのもやもやは「あなたにもそれをやれる才能があるよ」ってことを教えてくれているサインなのでは!そう、いま現在は表立ってかたちをあらわしてないかもしれないけれど、あなたの中にもその才能が眠っているってことなんです。そして、やれるのにそれをしていない自分に対してのもやもやが、他者への嫉妬という感情になってあらわれているのかもしれません。どんな感情にも理由があります。そして感情に善し悪しはありません。怒りが第二次感情と言われているように(第一次感情は寂しいとか心配とか分かってほしいなど)、嫉妬という感情がわいたときそこにはどんな本当の気もちが隠れているのか、自分の心を見つめてみてはいかがでしょう。なーんてことを今日の朝ドラ、ボクテくんのことを観ながら思い出したりしていました(*^^*)(朝ドラ観てない人にはなんのこっちゃ?ボクテくんって? ですよね^^;そして朝ドラなのに月9みたいな今週の展開… って⁈)

ダメダメな自分⁉︎ …本当にそうですか?

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分を見つめる音声診断NE*IRO〜ねいろ〜です。昨日の記事のタイトル。「ダメダメな自分に落ち込んだ話」に絡めて。まだ引っ張る?って声が聞こえてきそうですが、ほんの少しだけお付き合いください^^;わたしはいま、音声診断のセッション&カウンセリングを通して、お客さまが自分の強みやいいところに気づいてもらうためのお手伝いをしています。声ってすごいんですよ。声の中にはその人のいろんな情報(体調や感情、思考やエネルギーなど)が詰まっていて、声を録音分析することで、自分でも気づいていない心の内側〜本来の性質や個性を知ることができるんです。今から数年前。わたしは自分の声を分析した画像を見て、長い間抱えていた「自信のないわたし」から卒業することができました。そこには他の誰とも違うわたしだけの個性があらわれていたから。それまでも心理学などいろんなことを学んできて自分のことをだいぶ肯定できるようにはなっていたけれど、何かネガティヴな出来事があると、すぐに揺らいでしまう…その繰り返しでした。今から思うとそれは、自分がもっているいいところに目を向けないで、足りないものばかりを求めていたから。それが、「確かに〇〇の部分は弱いかもしれない、でもわたしには◎◎の能力がある」って思えるようになったらとっても楽になり、自分のことをまるっと認められるようになりました。能力っていっても特別なことではなくて、自分にとってあたりまえにできる事のこと。それが他の人にとっては上手くできてうらやましいって思われていることなのかもしれないのです。たとえば何かを始める時。すぐに行動に移せる人と、そうじゃない人がいるとします。あれこれ考えてしまってなかなか行動に移せない人は、そんな臆病な自分が嫌で、即行動に移せる人をうらやましく思っている…でも見方を変えれば慎重でよく考えた上で動くから、結果、そうそう失敗することはない。動けないわけではなく、「ゆっくりだけど、自分が納得したら動ける人」なんです。反対に、これだ!って思って気づいたら体が動いてたとか、すぐに何らかのアクションを起こせる人は、チャンスをつかむ確率は高い。でも、状況を把握してないうちに早まって行動してしまって、失敗するってこともあったりします。そしてもう少し落ち着いて動けば良かったかなあなんて反省することも多々あったりして…(ちなみにわたしは前者のタイプ。考えすぎてしまう自分が嫌でした。でも、ああなりたいとあこがれていた後者のタイプの人の話を聞くと、どうやら逆にうらやましく思われていた⁉︎なーんてことも。)だからね、どちらが良くてどちらが悪いなんてことはないのです。ただ持っている本質が違うだけ。ただそれだけです。世の中にはいろんな人がいます。みんながみんな、同じことが得意だったらツマラナイですよね〜で、最初のダメダメ話。ダメダメな自分って言ってるものの、実は落ち込んだのはその時だけ。だって、ダメだったのは「その時のその事において」だから。…どんな人でも自分の中にいろんな自分っていますよね。いつもいつも、全部が全部ダメダメなわけじゃないし、他の人にはない素晴らしい何かがあるかもしれない✨というか、かならずあります!何人ものその人だけの素敵な個性を音声診断を通して見せていただいてきたわたしだから断言できます!どんな自分も「この世に一人だけの自分」です^^強みも弱みもひっくるめての。

やっぱり「案ずるより産むが易し」だった話。参加して良かった♪

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分を見つめる音声診断NE*IRO〜ねいろ〜です。「案ずるより産むが易し」唐突ですが、みなさんはこんな体験をしたことがありますか?わたしはよくあります。何かを始める前だったり、どこかに行く前だったり、それが初めてましてのことならなおさら…その日が来るまでドキドキして落ち着かない、時には恐怖心を感じたり、眠れなくなるってことがあるとします。でも、実際やってみたら拍子抜けするほど大丈夫だったってことが。なーんだ心配して損した、思いきってやって(行って)良かったー♪って。実は昨日もそうでした。一昨日ちょこっとお話した、わたしにとってまた一つの転機になるかも♪のお話。かさこさんの2時間ブログ術講義に参加してきました。それは良しとして。問題?はセミナー前のかさこさんを囲む会 昼の部。何だか面白そう!と思いきって申し込んでみたものの、日程が近づくにつれだんだん怖くなってきたのです。自分で参加ボタンをポチッとしたくせに、実は初対面の人いっぱいの場が得意ではないという生来のビビリが発令^^;講義の前にいきなり至近距離で生かさこさんにお会いしちゃうの〜⁈とかね。キャンセルしちゃおうかな、いやいやもうお店に予約もしてるだろうに大人としてそれはいかん!とか揺れ動く心。これって以前講師業をしていた時のセミナー前によくあったこと。(さすがにキャンセルは考えたりはしないけれど)ありがたくお引き受けしたはいいけど、当日の1週間前から眠れなくなり毎朝激しい頭痛で目覚める日が続き…でも、セミナーを終えたとたんに頭痛も消えて熟睡できるという。今回も頭痛こそなかったものの、昨日までは寝つきが悪く変な夢ばかり見ていたのです。どんだけビビリなんでしょうね〜^^;でも。当たり前だけど、まーったく心配ご無用でした。初対面でも同じ想いで集まったお仲間同士。緊張したのはほんの最初だけで、かさこさんを囲んでみんなで和気あいあいとおだやか〜な時間がそこにはありました。久々に食べた本格的な稲庭うどんは美味しかったし^^何をあんなにビビっていたんだろう、わたし。

転機について。人生のターニングポイントは誰にでもある。

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分を見つめる音声診断NE*IRO(ねいろ)です。今朝、家事をしながらラジオを聴いていてピタッと手が止まりました。それは大好きなSMAPの世界に一つだけの花が流れたから。そしてそれに続いたパーソナリティさんの話が声に関することだったから。(声に関することはアンテナがピピッ!とはたらくのです)なんでも子どもの頃から大きな声が出せなくて音読の時など周りにからかわれたりして、ずっと自己評価が低いままだったとのこと。大学生の時にこれではいけない!と奮起してアナウンサー学校に入り、ボイストレー二ングを重ねていくうちに自分の新しい声に出会っていって、だんだん面白くなっていったのだとか。それがコンプレックスを解消できた転機なんだそうです。さらにその後のお話が素敵だったんです!『自分に自信がないから声が小さい → 声が小さいと自信がないままの状態が続く→ じゃあ大きい声を出してみたらどうなるんだろうと声を出してみる →自信がなくても自信があるつもりになったり、前に進めることが多くなった気がする 』 と。声が小さいことがコンプレックスだったということが、幼少期からの自分の体験と重なったり、今まさに想いを伝えるヴァイヴレーションヴォイス講座でお伝えしている「 声を変えるには内面からのアプローチも必要。内面(意識、心)を変えることで声も変わっていく」「また、声が変わることで心も変えることができる」に通じるお話だなあと思えて、とても共感してしまいました。そして、話すお仕事の方でも声についてのコンプレックスがあったなんて今まで思いもしなかったし、一つのできごとが転機になりコンプレックスが解消できて今に至っているそしてその方のラジオを聴いて朝から元気をもらっている…なんだかじーんとして、あったかい気持ちになりました。

お客さま目線であるということ。

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分を見つめる音声診断NE*IRO (ねいろ)です。つい最近、ちょっとしたことなんだけど、わたしにとっては感激〜!のできごとがありました。それについては後に記しますが、このことをきっかけに「お客さま目線」について考えさせられた、過去の体験を思い出しました。それはとあるサービスを受けた時のこと。お店の人は話を聞いたうえで、わたしに合うであろういろんなメニューを呈示して、それはそれは丁寧に説明してくれたのです。たとえば『◯◯のAパターンと△△のBパターンをお勧めします。どちらがいいですか?』というように。でも、わたしはどちらにすればいいのか選べなくて混乱してしまいました。だって、正直どっちがいいのかわからなかったんですもん。お店の人はもちろんそれぞれのメニュー内容について把握している。でも、そのサービスを初めて受けるわたしにはそれがどういうことなのかが具体的にイメージできなくて…しかも専門用語だったり横文字が入ってくるとよけいにちんぷんかんぷんで。(カタカナ言葉に弱い)言ってることは何となくわかる、でもそれが何なのかわからない、みたいな。わたしの理解度が足りなかったのかもしれません。でも…ふだんの生活でもありますよね、こんなこと。Cさんは自分の話していることをDさんも理解しているだろうと思って話をしている。でも、専門外である(またはその内容に全く興味がない)Dさんには、ぜんぜん理解できないし説明されても頭に入ってこないってことが。(CさんDさん逆のパターンもあり)もしかしてコミュニケーションの行き違いだったり話の食い違いって、こんなことから起こってくるのかもしれないですね。。それは話し手側に「相手もわかっているだろう」って思い込みがあるのからなのかも。と、いうわけで。この体験を機に、わたし自身もいま一度自分の身を振り返ろうと思いました。音声診断について、わたしは初めましてのお客さまにも分かりやすく伝えられるようにしたいと思っているけれど、まだまだかもしれないなあと。「お客さま目線」であることが大事。これはHPや名刺を作る時にコンサルさんにも言われたことです。たとえばセッション内で行なっている「おまもりことば」探し。それを口にしていることで自分が元気になれる、パワーがわいてくる、こころが落ち着くなど、自分にとっての心地よい言葉ということでつくった造語です。いわゆるアファメーションと同じなのですが、アファメーションという言葉になじみがないお客さまもいらっしゃいます。(実際わたしもその昔初めてアファメーションと聞いた時は???でしたし^^;)なので、少しでもイメージに近くわかりやすい言葉にしたいなあと。他にも潜在意識や顕在意識など、こちら側は知っている言葉だとしても、初めて耳にする方もいるわけですものね。誰もがわかるように説明する言語化するって難しいけれど、せめて独りよがりにならないように、自分にとっての当たり前が相手にとってはそうでもないこともあるということを心にとめていこうと思っています。(実はセッションという言葉に代わるものも見つけたいなあと思いながら、ここまできてしまいました^^;何かいいアイデアあったら誰か教えてくださいね(*^^*)

今年は変化の年? みんなで進化していきましょう!

 ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分をみつめる音声診断NE*IRO (ねいろ)です。何だかわたしの周りで今年に入って生き方を変えようとしている人が多いように感じます。特にこの春、年度末からこの4月5月だけでも数人も。わたしは星のことについては詳しくないのですが、どうやら今年2018年を機に、これまでの7年とはガラリと違った展開が訪れる星まわりなのだとか。…そう言われると思い当たるような。思えばわたし自身、この7年は激変の年月でした。(以下、今年新しいことを始めるにあたっての振り返り。なかなか書けないでいるプロフィール追記文のための自分用の覚え書きです。長いので興味ない人はスルーしてね^^;)『 子育てをしている真っ最中からばくぜんと胸にあったのは、子どもが巣立ってからの第2の人生は何らかのかたちで人のお役にたてる生き方をしたいという想い。それが現実の形となったのは7年前。その年の春、子どもが大学進学のため家を離れた後、猛勉強して心理学を基にした親子のコミュニケーション学習プログラム(自分が子育てに悩んでいた時に出合い学び救われた経験あり)のインストラクターの資格を取得。その直後に父が他界。病に倒れた後の11年間を子育てとのダブルケアをしながら過ごしたけれど、その間には精神的にもいっぱいいっぱいになって体調を崩し、ストレスケアを学んでなんとか持ちこたえていたなんてことも。さらに闘病生活に併走しながら痛感していたのは、元気なうちにそして頭がしっかりしていて意思疎通ができるうちに、自分の行く末にどうしたいかの意思を子どもや家族に伝えておく重要性。改めて自分自身の生き方だったり死への向き合い方も含めて考えるようになり、終活カウンセラー及びエンディングノートの書き方講師の資格も取得。その後、諸々がひと段落した頃にやっと講師としての活動開始。けれどここにきて少人数での講座の時は大丈夫だけれど、セミナーなどの場で大勢の人の前で話すことが苦手、緊張するとノドが詰まって上手く声が出せなくなる自分に直面。それでも「講師として」自分を奮い立たせながら活動を続けるも、向いてないんじゃないかと胸のうちは葛藤でいっぱい。伝えることは楽しいし、自分と同じようなことで悩んでいた方のお悩み解決の手助けができることに喜びを感じてはいたけれど、やり方への矛盾も感じて…自分の心と折り合いをつけながら、もがきながらの日々。そんなとき、そんな不毛の状態に風穴を開けたくて行ってみたヴォイス講座で声についてがぜん興味がわく。声が内面的なことに関係していることを知り、これまで学んできた心のこととも繋がって世界が広がったような感覚に。その過程でヴォイススキャンとも出合い、音声診断メソッドを修得。自分が “みんな”というよりも“目の前の相手”と向き合うのが得意なタイプとわかり腑に落ちる。その後、改めて自分が本当にやりたいことは何なのか、どんな活動の仕方が自分にとっての理想なのか、自分の在りたい姿は?などと自分の気持ちと深く向き合う。結果、枠にとらわれない自分らしい生き方、活動の仕方に方向転換することを決心。自分を苦しめていたものから少しずつ離れ、手放していく作業に入る。これからの人生、自分らしい生き方をするために必要なものは新しく取り入れ、不要と思えるものとはタイミングをみながらサヨナラを。それが全部できたのは今年の春のこと。ここまでがわたしのこれまでの7年間でここからがまた新しいはじまり。  』

身体は楽器〜自分だけの声の響きを♪

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分をみつめる音声診断NE*IRO(ねいろ)です。今月から3回にわたって開催する「想いを伝えるヴァイヴレーションヴォイス講座」。先週末に行なった1日目は声についての概要、そして身体からのアプローチをしました。まずは声の発生源である身体を整えることが大事!ということで、「いい声」が出るような立ち方、座り方、口の開き方、腹式呼吸などのポイントをお伝えし一緒にやってみました。そしてその後は発声や滑舌の練習を。思いっきり大きな声を出すときもちいいですね♪ と受講生さん^^さて、その「いい声」って何?どんな声が魅力的なの?ってことなのですが…からだの中の振動やこころの中の想いが声帯をふるわせて出てくる音=声。いろんな形状をもったたくさんの楽器の音色がそれぞれ違うように、わたしたちの姿かたちや声もそれぞれに個性があります。そして楽器と同じようにいい響き方をした時に、それぞれのいい音(声)が出るんです♪わたしたちは本当は生まれた時からその響かせ方が上手にできているんです。その証拠に赤ちゃんの声はデカくてよく響くでしょ。全身を響かせて大きな声で泣いていますよね。でも…成長過程でそれが持続できなくなっちゃうことが残念ながら多いのです。それは身体の使い方がうまくできていなかったり(姿勢がよくない、呼吸がうまくできていないなど)、または何らかの理由で思うように声を出せなくなる ということも。それはたとえば子どもの頃、家の中(学校)で大きな声をだすことを禁止されていたとか、誰かに声をからかわれて自分の声は変なんだと思いこんでしまったとか。そういった経験をすると大きな声を出しちゃダメなんだ、自分の声は変なんだ、と声を出すことをためらったりいつしか無意識に自分を抑えてしまったりしてしまいます。そうしているうちに自分の感情や想いをそのまま出すことまでできなくなってしまい、知らず知らずのうちに内面に影響することも。「想いを伝えるヴァイヴレーションヴォイス講座」ではそんなことも含め、声を変えるにはテクニックだけではなく内側からのアプローチも大事だと考えています。身体を整えるとき、全身の力を抜いて自然体を作るところから始めるように、心もフラットに。次回からは「どんな想いで」「どんな言葉を選択していくか」など、コミュニケーションについても触れながら心の中を見つめる時間にもなっていくので、喉が詰まってうまく声が出ない、話せない、伝えたいことが伝わりにくいetc…が解消されていくんじゃないかな^^ なんて、そんなことも思っています。

音声診断セッション後の変化 「おまもりことば」を唱えていたら

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分をみつめる音声診断NE*IRO(ねいろ)です。先週末は「想いを伝えるヴァイヴレーションヴォイス講座」の1回目でした。今回の受講生はお二人。自己紹介後、講座に入る前にヴォイススキャンで声を録るところから始めます。これは全3回の講座終了後に声が、そして自分の声や自分自身に対する意識がどのように変わったかを目で見てもらい、変化を実感してもらうための試みです。お二人とも以前音声診断のセッションを受けてくださっていた方なのですが、講座開始の時点ですでにお二人とも以前とは波形に変化があらわれていました!お話を伺ったらそれぞれ半年前、そして1ヶ月前のセッション時から心境の変化があったようです。あれ以来心が軽くなって、ご家族との関係も変わりつつあると晴れやかなお顔で話してくれた方のお話を聞けて、うれしかったなぁ。結局は自分次第なんですね、と。実はこの方、音声診断を受けてからまだ一カ月も経っていないんです。そしてセッション時にみつけた「おまもりことば」を毎日唱えているんだとか。その言葉が自分にチカラを与えてくれているとのこと。それもそのはず、元々自分の中にあるものですからね〜^^それが見つかり自分の潜在意識とピタッとハマると、眠っていた才能が内側から起ち上がってくるんです✨そして、自分への見方やものごとのとらえ方も変わってきます。声の分析で自分の個性を知り自分をみつめることでモヤモヤの原因がどこにあるか気づくことができるし、気づけた人はそこからの変化も早いんですよね。そう、結局は自分次第なんです。

泣かせてしまってごめんなさい。

ご訪問ありがとうございます。6秒で声分析、自分を見つめる音声診断NE*IRO〜ねいろ です。音声診断のセッションを始めてからもうすぐ2年になろうとしています。90分間のセッションでは声の分析に加え、ゆっくりじっくりお話を伺いながらのカウンセリングの要素も入ってくるので毎回お客さまのさまざまな想いに触れさせていただいています。お話を伺っているうちに想いがあふれてきて、涙を流す方もいらっしゃいます。(注 : 酷いこと言って泣かせたわけじゃないよ。念のため^^;)それはまるでいっぱいいっぱいになったコップから水があふれるかのよう。そんなお客さまの胸のうちをお聞きしながら、ついつられて涙しそうになることも多々。時には自分の経験と重なって、ついつい わかる〜!って友だちモードになって激しくうなずきながら、一緒に泣いてしまうこともあったりして^^;(カウンセラーとしてそれはどうなの?とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。でもいいの。だって人間だもの。わたしは機械ではなく、それぞれにいろんな想いを持った同じ人間同士としてお客さまと向き合いたいと思っているので )そして中には音声診断を受けに来たはずが、初対面の人(わたし)にこんなことまで話すなんて…と恥ずかしそうにおっしゃる方も。でも初対面だからこそ、なんのしがらみもない相手だから心のうちを話せることもあるのかもしれません。大人になると、社会的にも家庭でも何かしらの役割をもってわたしたちは生きています。仕事上の立場だったり、家庭ではお母さん、妻(お父さん、夫)親にとっては 娘(息子)でもあるしetc…時には○○さんというひとりの個人、ひとりの人間としての想いを吐き出す場も必要。それを吐き出し、整理する場としてNE *IRO(ねいろ) をお使いください^^お話を伺うだけで、意見したりすることはありません。あくまでも自分の中にある本当の想いに気づいてもらうためのお手伝いです。もちろん声の分析はしっかりして、それに基づいた「もやもや解決」や「変わるきっかけ」へのアドバイスはさせていただきますが。話すことは心の整理にもなります。自分は何に悩んでいるのか言葉に言い表せないもやもやの正体は何なのか自分はこれからどう生きていきたいと思っているんだろう自分が本当に望んでいることって何?何が私にとっての幸せ?などなど…答えは自分だけが知っています。そしてそれに気づかせてくれるのはほかでもない自分の声。そして言葉や声にならない「心の声」やこころの奥に隠れている自分でも気づいていなかった「自分だけのお宝=あなただけの素敵な個性・強み」それを引き出し、じゅうぶんに発揮するためのお手伝いするのが ねいろの音声診断セッションです。音声診断を申し込むまで数ヶ月迷ったという方も、数あるサイト中から見つけてくださって即コンタクトを取ってくださる方も、みなさんそれぞれのベストタイミングでの巡り会い。よくぞ受けに来てくださいました!って毎回感謝の思いでいっぱいですし、セッション後は何だかスッキリされた表情になり、声も明るくなって、笑顔で帰るお姿に本当にうれしく思います。そして音声診断を体験して良かった!この人に話をして良かった!と思っていただけるようなわたしでいたいと思います。

「想いを伝えるヴァイヴレーションヴォイス講座」始めます!

ご訪問ありがとうございます。自分を見つめる音声診断 6秒で声分析NE*IRO (ねいろ)です。昨日お伝えしていた新しいヴォイス講座について詳細です。(新しいことを始めようと思った経緯は前回の記事を参照してくださいね)まずは「ヴァイヴレーションヴォイス講座」の創始者であり、わたしの師匠でもある及川徳子さんの講座への想いの一部を原文そのままにご紹介します。(掲載のご了承をいただいています。ありがとうございます。)『  私たちはあたりまえのように声と言葉を使ってコミュニケーションしていますが、ほとんどの方が誰にも教えてもらうことなく自己流です。でもその言葉や意識のチカラやちょっとしたコツがわかるだけで声も言葉もコミュニケーションも大きく変わります。(講座では)声、言葉、発声、滑舌、身体の使い方、意識の持ち方、脳のしくみ、想いのエネルギーをあらゆる角度からアプローチしていきます。座学ではなく、ワークを通して体感できるので、すぐに日常に活かすことができるセミナーです。伝えたいのに伝わらないとか、伝えたくないことが伝わってしまうとか、そのメカニズムも伝えていきます。コンプレックスが解消され、あなたの想いが届くために。自分の個性を知ることで、より自分が輝くために…。すぐに役に立つ! 一生使える!誰にでも有効な声と言葉の講座です 』相手の声から感情が伝わってきたことはありませんか?嬉しい、悲しい、怒っている…わたしたちがふだんの会話で何気なく発している声には、その時々のさまざまな想いや感情がのっています。前回の記事でもお話したように、わたし自身はアナウンサーのようなプロの語り手ではありません。ですが、みなさんと同じように「声」や「言葉」それらに込められている「想い」を感じることはできます。そして、1日7時間×5回のヴォイス講師養成講座を経て、受講開始の1月から声が変化していく自分を実感していくにつれ「わたしでもこんなに変わることができた、だからこそ声や話し方にコンプレックスを持っていた一人として、同じ立場で寄り添って伝えられることがある」と思っています。 (余談ですが、これまで自己紹介のときにどうして自分の名前が発音しにくかったのかもわかりました。だからもう大丈夫♪)また、声のレッスンを専門的に受けてみたいと思っていても、いきなりプロにお会いするのはなんとなく気後れしてなかなか決断できない…その気もちもわかります。わたしもそうでしたから。だから、わたしと一緒に体験してみませんか?プロのアナウンサーを約30年養成してきている及川さんからほぼマンツーマンで指導を受けた直伝のワザを。自己流の発声から意識と身体の使い方を変えただけで、声が変化します!このヴァイヴレーションヴォイス講座はフリーアナウンサーであり、セラピストでもある及川さんの両方の経験をミックスしたオリジナルのものです。それにわたし自身がこれまで学んできた心理学やストレスケア、コミュニケーションなどのエッセンスも加えて全3回に分けて「想いを伝えるヴァイヴレーションヴォイス講座」としました。想いを伝えるヴォイスレーションヴォイス講座は、あらゆる角度から声と言葉とコミュニケーションにアプローチします!【想いを伝えるヴァイヴレーションヴォイス講座】0期生募集  ① 5/26(土) あなたの声を活かすための身体の使い方(姿勢、口の開き方、呼吸法 など)  ② 6/23(土)  言葉の力(言葉がこころやからだに与える影響、相手に伝わりやすい言葉の使い方、言霊について など)  ③ 7/14(土)  想いの力(息、意識のベクトル、感情について。さらにプレゼン・スピーチの際のコツなど全3回のまとめ)全3回 6時間(2時間×3)各回3,000円  税込み【時間・場所 】 各回ともに10〜12時秋田市上北手 遊学舎にて行います。【定員】3名さま限定*毎回 発声と滑舌の練習をしていきます。3回を通してご自分の声の変化を楽しんでください。*初日と最終日にはヴォイススキャンによる声の分析をします。受講前と3回の全過程終了後では声やこころの状態がどう違っているのか、その変化をご覧いただけます。【お問い合わせ•お申し込み】お問い合わせフォーム またはneiro.voice☆gmail.com(☆を@に変えて)にご連絡ください。facebookからご覧の方は、メッセンジャーにて直接メッセージお願いします。お申し込みお待ちしております!