neiro@akita

記事一覧(27)

『 声で未来の自分がわかるんですか? 』

ご訪問ありがとうございます。自分を見つめる音声診断 6秒で声分析NE*IRO(ねいろ)です。現在 過去 みら〜い〜♪わかる人にはわかる、おなじみの曲の出だしのフレーズですね(^^)前回の記事を見てくださった方から「声で自分の未来がわかるんですか?」というお問い合わせをいただきました。そう、音声診断では声を6秒スキャンするだけで、あなたの「現在・過去・未来」を知ることができるんです。未来がわかると聞くと、占いを想像する方がいらっしゃるかもしれませんね。でも、それとはちょっと違っていて…正確にいうと、声の周波数を分析して「現在の自分の状態」「本来の自分」「これから向かう先、近い将来」を科学的根拠にもとづいて客観的に見える化できるようにした、ヴォイススキャンによるカウンセリングセッションです。自分でも気づかなかった自分の心、たとえば「本当はどう思っているんだろう」「なにを望んでいるんだろう」なども顕在意識、潜在意識それぞれのレベルでわかるので、何かに迷っている人やこれから何かを始めようとしている人にはぴったり!自分自身の声に自分のことを教えてもらうって感じかな。そしてわたしは『せなか押し屋さん』として、その人が本来もっている素晴らしさに気づいてもらうナビゲートを、声の分析を通してさせていただいているのです。

卒業。もやもやを手放して新しい道へ。

ご訪問ありがとうございます。自分を見つめる音声診断、6秒で声分析 のNE*IRO (ねいろ)です。前回の投稿から2ヶ月も経ってしまいました。気がつけば季節は冬から春へ。家の周りにあんなに積もっていた雪もすっかり消え、嬉しいことに土(道路)が見えている…この喜びを感じられるのは、雪国秋田に住んでいるからこその特権なのかもしれませんね〜そして、毎年雪の山を前にして、これが無くなる時は来るんだろうかと暗〜い気持ちになるのだけれど、春が近づくとともにちゃんと溶けて無くなるんですよね〜当たり前だけどそんなことにも毎回いちいち感動してしまいます。さて、寒いのがとにかく苦手で、毎年冬季間はお家大好き♡になってしまうわたし。でも、今年はいつもとちょっと違いました!冬なのに、とっても活動的に過ごしていました。何をしていたかというと…音声診断にプラスアルファでご提供するつもりの新しいメニューの学びのため1月から月に1〜2回の割合で新幹線こまちに乗って仙台に通っていたんです。寒さも早起きも苦手なわたしが冬の早朝からシャキッと行動できるなんて、自分でもびっくり!人間、好きなことやりたいと思ったことのためなら苦手をも克服できちゃうんですね〜(でも、その日以外はおふとんの中でぐだぐだしています^^;)その新メニューがどんな内容なのかですが、音声診断をお申込みくださる方の中には声にコンプレックスを持っているという方も多く、その方々に向けて、ご自分の声を好きになってもらい、そしてより笑顔になっていただくためのプログラム。「声」ついてさまざまな角度から楽しくアプローチしていきます。実はこれはわたし自身にとっても挑戦です。年頭の記事に書いた「こわい」はやりたいということ はまさにこのことなんです。

新年のごあいさつ

新年明けましておめでとうございます。ふと気がつけば、今年に入ってからもう2度目の月曜日!!気のせいか、年々時間の流れが早く感じられるようになりました。今年もこんなふうにあっという間に過ぎていくのかなあ…今年は◯◯をするぞ〜!と大きな目標をたててはりきってがむしゃらに、というのはどうやら性分に合わないようで^^; 今年も行雲流水のわたしですが、せめて一日ひとつ、ほんの小さなことでいいので「今日はこれをやった」「昨日はできなかったけれど今日はできた」を積み重ねていきたいと思っています。さて、突然ですが、わたしはすごいくせっ毛で手入れがとても大変。なので、長い間ずっと半年に一度の縮毛矯正(ストレートパーマ)をかけていましたが、昨年秋からやめてみました。それは長年のストパー&カラーで髪が悲鳴をあげていたから。そして、なんだか急に自然に戻りたくなったから。とはいえ、クセが強いうえに太くて硬くて量も多い美容師さん泣かせの髪質ゆえ、カットだけではなかなか収まりの良い状態にならなくて。クセに沿って微調整のカットを重ねながら骨格になじむベストポイントを探り(美容師さんってすごい!)、なんとか落ち着くまでの数ヶ月間は写真にも写りたくないし、できれば人に会うのも避けたいほどでした。(人は自分が思ってるほど、気にはしてないんですけどね〜)ようやく落ち着いたカタチになりつつある今は、久々のくるんくるんの感触を楽しんでいます。あ〜、ほんとのわたしの髪ってこんなだったなあって。そして髪型を変えたことで、友人知人から「イメチェンしたの?」と聞かれることもあり、そんなに違って見えるのかってびっくり。それはわたしの中にはそんな思いは全くなく、変わりたいというよりも元々の自分を活かした「そのままのわたし」になりたい思いの方が強かったから。「そっか!素になりたかったんだ、わたし」って気づいたのです。子どもの頃からずっとコンプレックスのひとつだったくせ毛。シャンプーのコマーシャルに出てくるようなサラサラヘアーに憧れ続けてきたけれど、さすがにもうあきらめました。(明らかに、認める)見方を変えれば、真逆のタイプの人〜髪の毛が細くて猫っ毛だったりストレートが強すぎてパーマがかかりにくい人〜からはうらやましいって言われたこともあるんだし。これって、他のことでも言えることですよね。自分にとってのコンプレックスが、他の人にとってはうらやましいこと憧れの対象だったりするってことが。弱みだと思っていたことが実は強みだったとか。そう捉えると、ちょっと見方を変えるだけで、自分のことを好きになれる度合いが増えるかもしれませんね。

なまえのことだま

数年前から、新しく知り合った方にはできるだけファーストネーム(下のお名前)で呼ばせてもらうようにしています。というのは、文字にはひとつひとつ意味やお役目があって、名前を呼ぶことでそれが生かされるということを知ったから。もしかして “知り合ったばかりでいきなり〇〇さん呼び?ファーストネーム呼びなの?!” って引いちゃう人もいるかもしれないので、仕事の時は苗字で呼ばせてもらっているんですけどね^^;でも、できればファーストネームで呼びたいし、わたしにもそうしてもらえたらとーっても嬉しいのです♫長女だったわたしは両親に名前で呼ばれた記憶がなく、2歳違いの妹が産まれてから家庭ではずうっと“お姉ちゃん”で大人になってからは苗字で呼ばれ、親になってからは“〇〇ちゃんのお母さん” で。だから書類に氏名を書くことはもちろん何度もあったけれど、自分のファーストネームを意識することってあまりなかったのです。でも名前のことだまのことを知ってから、それはあまりにももったいなあと。例えばわたし、ひろみだったら   ひ : 周りの人を成長させる やる気を起こさせる   ろ : その人の変革、目標実現を加速させる   み : 相手をを輝かせる 人を育てるというふうに一文字ずつ意味(使命、働き)があるんですね。そしてそれを口に出して言うことでそれぞれが活きてくるんだそうです。名前は親からの最初のプレゼント🎁とよく言われるけれど、名前って自分のものでもあり、呼んでくれた相手のためにもなるものなんですね〜それは、相手が名前で呼んでくれることで、「ひー」と「ろー」と「みー」それぞれの音の響きがたちあがり活性化してわたしの中の自分力お役目エネルギーが発動されるから。大げさに聞こえるかもしれないけれど、わたしには知り合った方に気づきを与え、寄り添いサポートすることで、その人を輝かせるお役目があるみたいなのです!あまり自覚はないけれど、そう想像すると力がみなぎります✨そういえば昨年あたりから同じお名前のかたとの出会いが多くって、いまだかつてない「ヒロミ率」の高さにビックリしています。この現象はなんなんだろう…わたし自身がひろみさん(の音のもつ力)を必要としているのかなあ…お互いに少しばかりの照れも入りながら、「ひろみさん」「ひろみちゃん」とよびあっているわたしたち(^^;お一人お一人のお顔を思い浮かべながら指折り数えてみたら、なんと10人以上!でした。それぞれ漢字表記もお仕事も異なるけれど、みんなそれぞれの分野で周りの人を成長させ輝かせているステキな人ばかり✨わたし自身も、周りのひろみさんたちに成長させてもらっているんですね♡感謝!わたしも「チームひろみ(勝手に命名)」の一員として、名前の使命を全うしたいと思います。さて、この「名前のことだま」一時間以上ゆっくり時間をとっている音声診断フルセッションでお伝えしている生年月日による「魂のプログラム」と合わせると、自分がいまここにいる理由〜私が私として生まれてきていること、のようなものがよりわかると思うのです。ご自分のお名前を6秒間言うヴォイススキャンの波形と合わせて知ることで、より深くご自分の本質に触れられること間違いなし!です✨気になる方はどうぞお問合せフォームからご連絡くださいね^^そして実際にお会いした場合は、もしよかったらファーストネーム呼びさせてくださいね。ご自分のもっている本質がますます輝くにちがいありません(*^^*)

音声診断の結果から〜ブルー、ネイビーの人

ブルーやネイビーが他の部分より多く出ている人は理知的で直感力、先見力があり思考から入る人。分析好き、完璧主義な一面も。そして実はひとりでいるのが好きで、「頭で考える人」。考えたくなくても、ハッと気がつくと無意識に考えごとをしてしまっている(そんなときはたいてい眉間にシワがよっている)…そんな人です。かく言うわたしにもその傾向が多分にあり、ついつい考え過ぎちゃって疲れることも^^;(これにグリーンが入ってくると、今度は相手のことを考えすぎて…という要素も加わってくるのですが、それはまた別の機会に)そこまで考えなくてもさらっと次に進めたらいいのになって思うことが、このブルー・ネイビーの人には多々あるかと思います。でも仕方がない。だって考えることが好きな本質なんですもん^^;そんなときはああ、わたし、また考え過ぎちゃっているんだなあ。そっかそっか、よしよし♡って頭をなでなでしつつ、自分のことを客観的に見るのも一つの手です。ひと呼吸することで、こんがらかった糸が案外スルッと解けることもあるんです。そしてこのタイプは納得したら早い!のです。じっくり考え→分析し→納得する…実はその時間こそが必要で、あえてそうしているのかもしれませんよ〜(*^^*)

すべてはベストタイミングなのね

音声診断のセッションをしていていつも感じるのは、受ける時がその人にとってのベストタイミングなんだなあってこと。先日のお客さま、実は一年越しのリベンジセッションでした。昨年セッションを始めたばかりの頃、モニターさんとして音声診断させてもらうはずだったのに、いざという段になって肝心のPCがご機嫌ナナメになってしまったのです。申し訳なくて、大汗ものでした💦今ならばお客さまを前にしてそんなことにならないよう、細心の注意を払って、準備万端で向かうんですけどね〜ああ、なんて未熟者だったわたし…焦りまくるわたしに、こんなこともあるさ☺️と優しくおっしゃってくださったお客さまの優しさに救われ、結局楽しくおしゃべりしてサヨナラしたものの、それ以来ずうっと気になっていたのです。お忙しい方なので、いつお声がけさせてもらったらいいんだろうと遠慮しているうちに月日は過ぎ…やっとリベンジさせていただけたらという思いが叶ったのでした。✨セッション後、いつものお客さまと同じようにその日の解析データ画像を送信し終え、キレイな波形だなあ💕なんて見とれていたわたしでしたが、実はお客さまの中にはセッション中からある気づきがあったようでした。潜在意識や前意識の中にあったもの、ご自分でもうっすらと感じていた何かが表面化してきたのでしょうね〜(*前意識とは潜在意識と顕在意識がお互いに干渉する部分。両方を繋ぐ役目をしています。「意識している無意識の部分」でもあります)

自分にとっての当たり前が、相手にも当たり前だとは限らない〜子ども編

わたしがヴォイススキャンに出合い、惹かれ、音声診断のセッションを始めた理由のひとつに 人間関係〜特に親子関係、子どもや親との接し方に悩んでいる人に より良いサポートができるのではないかと思ったからです。実はわたしは 子どもとのより良い関係づくりを望んでいる「親のためののコミュニケーション学習プログラム親業(おやぎょう)」のインストラクターでもあるのですが、子どもの行動で困っている時、こうして欲しいということがある時などの思いの「伝え方」 のコツを講座などでお届けしています。音声診断をして思ったのは、その「伝え方」と合わせてプラスもうひと工夫すること~子どもが「見る聞く感じる」のどの傾向が優位かを知り、タイプに合わせた接し方をしたうえで思いを言葉にすることによって、さらに伝わりやすくなるのではないかということ。つまり、はじめから我が子がどのタイプかわかっていると、それに応じた接し方 コミュニケーションのとり方ができるので、思いを伝える親も、そして子どもも楽!になるんです♪そして「こんなに言ってるのにどうして伝わらないの?」というモヤモヤが「そういうことだったのか〜!」と納得できて、スッキリ晴れやか✨になって、より早く解消できちゃうのです。わたし自身が子どもとの関係に悩んだ経験をしているので、子育て真っ最中にこの音声診断に出合っていたら、あんなに試行錯誤しなくて済んだのになあ と思います。…あの時悩んだからこそいろんなことを学び、親子のコミュニケーションインストラクターの資格も取得でき、同じようなお悩みを抱えている方に解決法をお伝えできているんですけどね^^;でも、できればモヤモヤを抱えている時間は短い方がいいし、遠回りはしない方がいいですよね。子どものためにも。音声診断でわかる3つのタイプの特徴としては「見る」 目からの情報に意識が高い 〜見なきゃわからない が口癖かも。親が見ててくれることで安心する。「聞く」 耳からの情報(言葉、音、響き)に意識が高い 〜言ってくれなきゃわからない、親に話を聞いてもらえたら安心できる。「感じる」 体の情報、体感覚に意識が高い 〜やってみなきゃ(やってくれなきゃ)わかんない、スキンシップが大好き。